Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://moonshow.blog5.fc2.com/tb.php/47-7f05c114

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

うへぇ・・

横須賀線と東海道線が止まって大パニックー。
京浜東北線もその煽りを受けて大パニッ(略
京急線も入場制限で入れなくて大パ(ry

仕方なく相鉄線で海老名まで行って小田急で新宿まで行き、中央線でお茶の水、総武線を目指すと言う「急がば回れ」っぷり。
・・・少々回りすぎた感は否めないが。
そんなパニック状態でも小説あれば憂いなし。
てな感じで今日は谷川流さんの「閉じられた世界」です。

最初読み進めているうちは、「どこが絶望系なんだ?」と普通の萌え小説かと(特に死神がw)思っていたが、事態が進行するにつれ、“ちゃんと”絶望系になっていることに気付く。しかしまぁ、話が淡々と進むものだから…うーん、読む人を多少選ぶ、かも?あくまでライトノベルとして読むには退屈だし、実験作として読むとなんだか「うーん」となってしまう。

…ま、俺から言わせてもらうと、そんなカテゴライズするからつまらなく思えてしまうわけで。作中にもあるけど、「なんだかよく分からないけどかわいいと思う感情」は「なんだかよく分からないけどかわいいと思う感情」でいいのですよ。

ただ主人公の壊れっぷりはこの手の小説を読んでいる人は同感できる部分が多少でもあるのではないだろーか?俺も似たような経験はある。てゆか、それが高校時代一貫しての悩みだったな。
(…あ。ココから関係ない話になりますよー)
…コウモリな自分を自覚したのが丁度その頃だったから。自分に主体性が無いのでは?→自分は“ちゃんと”生きていない?→自分は死人と同じ?=壊れてる? 的な考え。今でも直しきれてないというか昔に戻る時があるけど。それは壊れてるんじゃなくて自分を殺すのが他の人よりちょっと上手いってだけだろぅ、って思えるようになったから。それに、前に比べて我を通す機会が増えたし。それが単に我侭になるんじゃなくて、自分の意見を通すってことになるようにいつも心がけてる。つもり。
…あぁ、つまり何が言いたかったかってぇと。
そんな淡々とした自分は今でも自分の中にいるわけですよ。でも俺はこの主人公みたいに、最後まで黙って見ていない。友人のように行動にはまだ移せないかもしれないけど、完全には壊れてないぞ、って…あれ?感想話がいつの間に独白記に?

とりあえず総評は「面白かったが、人には薦められねぇなこりゃ」
…俺の評価が甘いのか?いや、そんなもんだろう。



----------------------
あと、ついでだから私信。
正直自分に嫌気が差してた俺に“意志力”というか自分で考えることを教えてくれたH君に感謝っス。高校卒業してから大学入学するまでのローニン期。何がどのように影響を与えたかは分かんないし、多分本人も自覚ないんだろうけど。自己改革のきっかけを与えてくれたのは間違いなく彼なので。最近連絡取ってないし、この場を借りてでしか感謝の言葉を持つ術を持たないけれど。それでも。
「あの時は、ありがとう。」
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://moonshow.blog5.fc2.com/tb.php/47-7f05c114

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

将

  • Author:将
  • --やっていること--
    少林寺拳法
    映画製作
    --特徴--
    めがね
    --最近の一言--
    「足が痛い。」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。