Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://moonshow.blog5.fc2.com/tb.php/213-a106fb58

-件のトラックバック

-件のコメント

[C74]

おお!ご苦労さん!俺はぜったい山登りなんかしたいと思わないけどw

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

富士山奮闘記

昨日・一昨日、富士山に登ってきました。
幼稚園の頃に一回挑戦して7合目までで諦めていたので、なんとか一度は頂上まで登ってみたいなー、とかどうせ登るなら御来光も見たいなーとか。実はきっかけというか動機はふとした、そんなものだったりするのですが…
いやー計画してみるのとそれを実行してみるのとでは大違い。
まず、計画はこう。
一日目
10:30横浜駅集合
12:30御殿場駅集合
14:00登山バス乗車
14:40新五合目到着・登山開始
19:00七合九勺にある赤岩八合館に到着
21:00消灯・就寝
二日目
02:30起床
03:00登山開始
04:30頂上に到着
04:52御来光(日の出)を拝む・浅間神社参拝
06:00赤岩八合館に向け出発
07:00赤岩八合館到着・朝御飯
一旦休憩
09:00下山。新五合目に向け出発
10:30新五合目着
12:00登山バスに乗車。
12:30御殿場駅着・適当な場所で昼御飯。
その後近場の温泉に行き、体を癒してから現地解散・各自帰宅という、そんな計画を立てていたのだったが…

この計画には一つ、大事な要素が抜けていた…
…それは…台風が来るって立案者が知らなかったってこと。

つーか、うん。マジ大変だった。計画通りだったのは登山バスで新五合目着くまでで、今回一応大学3人で行ったんだけど、3人それぞれのペースが全然違うし。一番遅い人が一番早い人に合わせることは不可能だし、一番早い人は一番遅い人に合わせてると色々と双方に精神的負担がかかるし。俺は一度前に登ったっつったけど、まぁ、幼稚園の頃だし。ほぼ忘れてるわけなんだが。つまり3人ともほぼ初挑戦者だったってわけ。

なのに…何を血迷ったのか、
いきなり御殿場口から登るつー計画を立てだすし。
(注:御殿場口というのは"砂走り"で有名で、登山道の大半の地面状態が小石なのです。つまり…3歩進んで2歩下がる状況が常に続くのです)

ちなみに通常、赤岩八合館までの平均時間は6時間くらい。あくまで健脚者のデータ。つか、その平均時間でさえ14:40から登山し始めると20:40になります。21:00の消灯時間まで20分しかありません。…ホントーに何を血迷ったんでしょーね…。

つーわけで3人バラバラに登山するという個人行動の嵐。
しかも俺は途中で足を攣って歩けなくなるというトラブル。準備運動もせずに体力ない人が頑張るからだ…。

結果…
14:30登山開始
以降、地獄の3歩進んで~が5時間ほど。
ちなみに俺(一番遅い人)が6合目に着いたとき、I氏(一番早い人)は小屋に着いているという恐ろしい事態が発生。このとき、正直「あ…山の遭難って捜索費用高いんだよな…」とかそんなこと思ってた。
22:00にようやく小屋に到着。もちろん消灯時間過ぎているので、真っ暗。その真っ暗の中で、残り物のカレーを懐中電灯で照らしながら食べ、仮眠ともいえるほど短い睡眠時間を堪能。
っで、翌朝02:00。起きてみると何故か稲光

ここまできて御来光が見えないかもしれない…
という不安が一同を襲う。

上は雲が晴れているかもしれない、という一縷の希望の元、登山開始。今度は一番遅い人(俺)にペースを合わせての登山。途中、登山道を見失った人を助けたりしながら(今考えると大ごとだったな)、頂上をひたすら目指す。ガスってて前3mが見えなくってもひたすら目指す。

そして…

頂上に着いたとき、ガスが晴れ、遠くまで見渡せるという状態に…!
そして、いつまた霧に包まれるか分からない不安を抱え、太陽の到来を待つ事しばし。

ついに、その時が訪れた…。

このときばかりは本当になんとも言えない、素晴しい体験をしたとしか言いようがないです。苦労が水の泡にならずに済み、報われたという感じでした。。

そんなわずか5分後。
霧が周囲を。雨粒がぽつぽつと。次第に雨音が大きくなり。
ザァーーーーーッと雨が降り出したのです。
浅間神社に避難しながら参拝しつつ、少し雨が弱まった瞬間を狙い、小屋目指して出発。結局止むことはなく、3人ともビショ濡れ。

小屋で朝御飯を食べながら、様子を見つつ仮眠。

起きてみると雨が止んでる。これはもうラストチャンス、とばかりに砂走り開始。これがもう…楽しくて楽しくて。(笑
登山時には"3歩進んで2歩下がる"だったのが、下山時には"3歩進んでさらに2歩"という感じ。


結局温泉には行かず。タクシーで10分とか言われたんだけど、タクシー代が出せないつー貧乏学生3人は駅から徒歩15分のファミレスで談笑。色々なこともあったけど、まぁホントに御来光も拝めたし、大体の目的は果たせたんじゃないでしょーか。とにかく最終的に「登ってよかった」と思えるような体験をしたんだから。


これはいい体験でした。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://moonshow.blog5.fc2.com/tb.php/213-a106fb58

0件のトラックバック

1件のコメント

[C74]

おお!ご苦労さん!俺はぜったい山登りなんかしたいと思わないけどw

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

将

  • Author:将
  • --やっていること--
    少林寺拳法
    映画製作
    --特徴--
    めがね
    --最近の一言--
    「足が痛い。」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。